年齢とともに気になってくるのが「白髪」で、美容院でカラーリングの施術を行っている人も多いでしょう。
美容院での施術は仕上がりの満足度が高いものの、コストが高いのがデメリットです。
白髪は、全体をきちんと染めても早くて数週間後あたりから生え際や根元の辺りの白髪が目立ってくるので、コンスタントなケアが必要になってきます。

 

セルフケアの白髪染め「プリオールカラーコンディショナー」

そこで画期的なセルフケアの白髪染めとして登場したのが「カラーコンディショナー」と呼ばれるタイプの白髪染めです。
毎日の洗髪時に気になる白髪に塗付して決められた時間を放置して洗い流すだけで、少しずつ白髪を染めていく事が可能であることや、頭皮や髪に比較的ダメ時の少ない成分で作られているので頭皮の環境を悪化させたり、髪の毛のコシや艶などを失うことなく白髪を染めることができます。
数あるカラーコンディショナータイプの白髪染めの中でも人気があるのが「プリオールカラー」で、化粧品メーカーとして古くから認知度の高い資生堂から販売されていて、コンディショナーを塗布してからの放置時間が「5分」と短いのが魅力となっています。

しかし、短時間で染め上げることができるものの使用している人の中には「プリオールカラーは白髪をしっかりと染まらない」と感じている人もいます。

 

プリオールカラーの使い方

正しいプリオールカラーの使い方は、シャンプーで髪の毛を洗った後に水けをとって白髪の部分に塗付した後に、おうちにある市販のサランラップや使い捨てのヘアキャップなどを使って髪や頭皮全体の保湿をしていきます。
美容院でのカラーリングの際にも行うことではありますが、保湿することで白髪染めの成分が髪に浸透しやすくなり仕上がりにも差が出てきます。
さらに、規定の放置時間よりも少し長めにとってから洗い流すことで、より、満足した仕上がりを実感できることでしょう。

白髪は、女性にとっては見た目年齢を老けさせてしまう悩みの元でもあります。
自宅で手軽にできる白髪染コンディショナーを用いて、気になる白髪をカバーしていきましょう。

>>プリオールカラーコンディショナー効果